音楽家へのレッスン

今回は音楽の先生がアレクサンダー・テクニークのレッスンを受けてくれました。アレクサンダー・テクニークは身体の楽な動かし方や効率的な使い方を提案するので、音楽やダンス、スポーツなど、あらゆるパフォーマーの方に怪我や故障などに対する予防的なアプローチをすることができます。

特に音楽家は職業上同じ動きを繰り返すので、わずかな身体の歪みでも身体を痛めすい傾向にあるようです。

今回の方も、痛みこそありませんでしたが肩や腕に慢性的なだるさがあり、特に困ってるのは、ピアノの伴奏をする際、あるパッセージを弾く場面になると肩が硬くなってしまうということでした。

そこで実際にピアノを演奏してもらうと、たしかにある場面で肩が硬くなり、動くのが辛そうな身体状況になっていました。

私はあることに気がつきました。肩が硬くなるとともに腰にもその方は力を入れているようでした。そのことについて質問すると腰についてはよく分からないと言われました。そこで、アレクサンダー・テクニークを使い腰にもっと柔軟性が出るよう導きました。すると、腰が柔らかくなるとともに、肩の余分な力が抜けてスムーズに演奏できるようになりました。

どうやら、演奏のやりづらさの原因は肩ではなく、腰にあったようです。

不都合が出ている場所に原因があるとは限らないのが人間の身体の不思議ですね。これからも観察と探求を進めていきたいと思います。

肩の筋肉を固めている状態
腰と肩を緩めた状態

身体を自分で整える方法

アレクサンダー・テクニークの究極的な目的は、自分の身体の面倒を見ること、セルフケアが目的です。

講座では自分で自らの身体を観察する方法を知ってもらって、身体を楽にして効率よく快適に日常生活が送れるようになる事を目指します。

なので、施術をして身体を緩めるのは、それ自体が目的ではなく、心身に対して「ここまで身体は楽になれるのですよ」という可能性を示しているのに過ぎません。目的は筋肉が緩む『結果』ではなく、そこに至る『プロセス』なのです。

大切なのは、自分の身体を緩めるために、自分のどこが筋肉が固いのか知ることです。それもただ場所を知るのではなくて、どのように固めているかを知ることが大切です。

例えば肩こり。人それぞれ肩の筋肉を固めるパターンは無数にあり、肩を前方に押し出す人は『まき肩』になり、それに加えて、首も一緒に前に押し出す人は『猫背』になります。

一概に肩こりといっても人それぞれ原因が違います。なので肩こり解消体操というのがあっても、効果がある人とない人に別れます。

肩こりの原因を別の言い方をすれば、そのような『くせ』が知らず知らずのうちに身についているという言い方もできます。

自分の『くせ』を知ることは、自分の面倒をみる大切な助けとなります。

緊張した肩と首
緩んだ状態の肩と首

緊張の痕跡

緊張の痕跡

その方は、PCを使った長時間のデスクワークが多く、身体トラブルの改善や疲労の軽減を目的に、三ヶ月くらい講座に通って来てくれていて、なかなか良い感じに身体が整いつつある感触を得ていたのですが、今回お会いすると、今までにないくらいに首と背中が丸まって、ひどく猫背の姿勢になっていてびっくりしました。

お話を伺うと、新しい業務を開始して大きなプレッシャーを感じながら仕事をされているとの事。早速、施術をして首や肩の筋肉を緩めると、そこには緊張の痕跡が一本の線となって現れました。

改めて心身の繋がりの強さを感じ、より良い状況を目指して、さらに学びを深めていきたいという意欲が湧いてきました。

皮膚にしっかりと残った緊張の痕跡。
皮膚にしっかりと残った緊張の痕跡。

二年生

二年生

川崎医療福祉大学医療技術学部感覚矯正学科視能矯正専攻に入学してから一年が経ち二年生になりました。学んでいく内容もより専門的になっていき、座学よりも検査技術の実習が増えていきました。

視力検査

大学ではいろいろなことを学びますが、眼科検査についての勉強をしていると一番実感したのは視力検査のやり方を習った時です。片方の眼を隠して離れたところにあるパネルに表示されたアルファベットのCに似た輪っかの切れ目の方向を答えていく、あのお馴染みの検査です。

患者さんを観察する

検査をする時に先生から一番注意されたのは相手をよく観察するということでした。それは、視力検査で一番重要なのは、どれだけ患者さんが輪っかの切れ目の方向を正解できるているかということを判定することではなくて、患者相手がどんな風に世界を見ているか理解することらしいのです。視力検査は手がかりに過ぎないそうです。 先生によると相手がどのように世界を見ているかを理解するのが一番重要なことらしいのです。

視力検査のお話はまだまだ続くのですが、ちょっと長くなりそうなので、近々次回へと続きます。

安眠のコツ

今日は青木光男さんにアレクサンダー・テクニークの施術をしました。

ご本人の希望は、スッキリ眠りたいとのことでした。 私が考えている安眠のコツは「眠っている時は健やかな呼吸をすること」です。

どうしてその考えになったかというと、今までアレクサンダー・テクニークのご縁でたくさんの人に施術をしてきて発見したのは「寝つきが良くないという方は首や肩の筋肉を緊張させている傾向がある」ということです。

みなさんも緊張したら、息苦しくなった経験はありませんか?これは首や肩を硬くすることによって呼吸器の働きを妨げているからだと私は考えています。

青木さんに施術をしていくと、10分くらいで眠りに落ちてしまいました。これは毎回の施術で起こるわけではないのですが、人は多かれ少なかれ、意識を保つために身体のある部位を過剰に緊張させているため、そこを緩めてあげるとストンと寝てしまう場合があります。

スヤスヤ眠る青木さん

睡眠に入ると身体は起きている時とは違った部位を緊張させる傾向があり、青木さんの場合は、起きている時は胸やお腹の緊張が強いのですが、寝てしまうと肩の緊張が強くなるようでした。肩を胴体の方へ引き寄せて、肋骨と肺を圧迫しているよ様子で、そのことによって呼吸の質が悪くなっているように感じられました。 そこで肩の周りの筋肉を緩めるよう施術をすると、うつらうつらしていたのが、より深い眠りになったようでした。

ご本人の感想は「短時間でも深い眠りを得ることができて気持ち良かった」「施術後に身体の軽やかさを感じた」とのことでした。 これからも睡眠の質や身体との関わりを興味深く探究していきおたいと思います。

内臓の緊張を緩める

先生のアシスタントをしました。

月に一回岡山の西大寺にある母校にいき先生のアシスタントをしています

2015年に私は「アレクサンダー・アライアンス」というアレクサンダー・テクニーク教師養成学校を卒業して、アレクサンダー・テクニーク教師になりました。

卒業してからは自分の勉強のためと少しの恩返しのために月に一回は先生のアシスタントをしています。

アドバイナス解剖学書

人体の構造を勉強したり、身体に触れる練習をしました。

 

触れる練習をする皆川

私にアレクサンダー・テクニークを教えてくれた「新海みどり」先生

みどり先生

このホームページでは私が思うアレクサンダー・テクニークの魅力を伝えていきますのでよろしくお願いします。