岡山で活動しているアレクサンダー・テクニーク教師のブログ

アレクサンダー・テクニークとは?シリーズ③

  • HOME »
  • アレクサンダー・テクニークとは?シリーズ③

[アレクサンダー・テクニークとは?シリーズ]

③より良いパフォーマンスのためにできること。

パフォーマーや身体を使うあらゆる仕事にアレクサンダー・テクニークは役に立ちます。 なぜなら、このテクニークを学ぶと本当の意味での身体感覚を磨けるからです。 これははある特定の動きのための学びではないからです。 より楽で、より自然で身体を壊さないための動きかたなのです。

F・M・アレクサンダーは鏡の前で声を出している自分を観察し、声がかすれてしまう原因を探していました。そのときに彼はある重大な発見をしました。 それは、自分がしていると思っている動作と、実際にしている動作にはズレがある、ということです。 鏡の中のF・M・アレクサンダーは声を出すときに、首を縮めて、頭を下に落とし、声帯を圧迫していました。 ところが彼は、自分が自分の声帯を圧迫しているとは、自覚できていませんでした。 声帯を圧迫していたのは、無自覚で自動的な動きでした。 彼はこの動きのことを習慣と呼びました。

彼は研究を進め、声を出すときに声帯を圧迫しない方法を作り出しました。 さらに彼は研究を進め、身体の他の部位の不必要な緊張も手放すことができるようになりました。 そして同じ問題で困っている人に自分のアイディアを伝えて行きました。

楽器演奏者、声楽家、指揮者、俳優、ダンサー、大道芸人、などのパフォーマー。スポーツ選手や格闘家。 お茶の先生、など各種習い事。

アレクサンダー・テクニークは身体感覚を磨き、素晴らしいパフォーマンス実現する有効な手段です。

アレクサンダー氏

アレクサンダー氏

PAGETOP
Copyright © 岡山アレクサンダー・テクニーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.