岡山で活動しているアレクサンダー・テクニーク教師のブログ

アレクサンダー・テクニークとは?シリーズ②

  • HOME »
  • アレクサンダー・テクニークとは?シリーズ②

アレクサンダー・テクニークとは?シリーズ]

②「癖」を発見し、それを無理なくやめること。

F・M・アレクサンダーは自分の頭や首の緊張をやめると、声が楽に自然にでるだけではなく、それ以上の変化があることに気がつきました。 彼の立ち振舞いに軽やかさと優美さが加わり、歩く姿は無理なく楽で自然なものになりました。

アレクサンダー・テクニークは姿勢の矯正ではありません。身体を外から無理に変えるのではなく、姿勢を悪くしている身体の癖を見つけ出し、それをやめることによって、ある種の困った姿勢の問題に取り込みます。

例えば、「猫背」「O脚」「X脚」「がに股」などや、どこか無理をしている歩き方、「お腹をつき出すながら歩く」「肩をいからす」「顎をつき出す」「お尻がでてる」「膝を曲げずにあるく」「反りすぎな背中」などです。

これらの問題は、自分ではなかなか自覚できない「癖」がおこしていると考えられます。

アレクサンダー・テクニークを学ぶと、自覚できない無意識におこる緊張や癖に気づけるようになります。

そして、それを無理なくやめれるようになります.

アレクサンダー氏

アレクサンダー氏

PAGETOP
Copyright © 岡山アレクサンダー・テクニーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.