運動不足のため太極拳

太極拳講座にいってきました。

最近は大学で机に座ってじっとしていることが多く、身体をあまり動かしてないので、「これは健康によくないなぁ」と思い太極拳講座に行くことにしました。

太極拳講座には、以前は熱心に通っていたのですが、日々の課題に追われ「忙しい」という理由にならない言い訳をして最近までお休みをしていました。

そこで、日頃の運動不足の反省と、自分の体型の現実を鑑みて春の季節に奮起を誓い。「今期こそは太極拳の型を覚えるぞ」と決意しつつ講座に出かけることにしました。

太極拳的な腕の動かし方を習いました。

今回の講座はは生徒の疑問に対して先生が答える質問形式でした。

私は相手の身体の推し方を質問しました。私が相手を推す動作をすると上半身が仰け反ってしまって、どうもうまくいっていないような感じがして困っていたのです。

それを聞いて先生が「困ってる動作を実際にやってみて」というので、その型をやってみると、先生は私の動きをみて「相手を推す意図が感じられない」と言われました。

なんとなく動いていた。

確かに型の通り腕を前に突き出すだけで、相手をどうこうするという考えは私の頭の中にはありませんでした。

太極拳の型を覚えることも大事だけど、その意図するところも理解することが大切で、双方を共に極めていくことが上達の要であると先生はおっしゃいました。

そうして型の解説と共に、こして腕を連動して動かすエクササイズを教えていただきました。

何度か試行した後に、先生のアドバイスどおり相手が目の前にいることを想像しながら型を行うと変化を感じられ、意識することの大切さを感じました。

教室の帰り道、足取りが軽くスイスイと動く身体に、月に二回は太極講座に行くことを目標にしようと改めて思う三日坊主の私でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です