足つぼ勉強会

足つぼの勉強会に行ってきました。

東洋医学系は初めて勉強します。まったく未知の世界なので楽しみです。

「足でも揉もう会」

今回、足つぼを教えてくれる先生はNatsue Nua先生です。先生はもともと自分が足つぼが好きでやっていて、好きが高じて台湾の学校に短期留学して足つぼを学んだそうです。

足裏の地図

初めに先生から番号を振っている地図をもらいました。番号にはそれぞれ心臓とか仙骨とか身体の部位がヒモ付けられています。

足つぼは、それぞれに対応する部位を指で押すことによって身体を整えていくそうです。

押してみると少し痛いですが、気持ち良かったです。

実際に先生に施術をお願いしました。

自分で足つぼをしてみて気持ち良かったので、勉強会が終わった後に先生に足つぼの施術をお願いしました。

自分としては寝てしまうくらいの気持ち良さを期待していたのですが、いざ受けてみると悶絶して、痛い痛いと声を出してのたうちまわりました。

痛いのはまだ良い方

先生のお話だとまだ痛いのは良い方だそうです。その部位に問題がある人は、押されても何も感じない、あるいは気持ち良く感じることが多いそうです。

痛くてもまたやってみたくなる不思議

足つぼを自分で30分やって、先生の施術を受け声を出して悶絶したあとは、とても不思議なのですが、「また足つぼを受けてみたいなぁ」と気持ちが浮かんできました。

先生にこの感想を伝えると、多くの方が痛いけどまた受けたいというそうです。

足つぼを受けて

足つぼを受けて数日の間は内臓の調子がいい感じです。

また勉強会に機会を見つけて参加するつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です