「肩甲骨」の柔らかさ、スムーズさはパソコン作業をしたり、日曜大工をしたり、料理を作るなどの手を使って作業の基本となるもです。本講座では、肩甲骨を効率よく動かす方法や、身体に染みついてしまった「動きのクセ」を見つけ出し、それをやめていく手助けをしていきます。

アレクサンダー・テクニークとは?
自分の身体を自力で整えることが出来るようになる身体技法です。このテクニークを学ぶと、身体の緊張を緩められるようになったり、楽に動けるようになっていきます。

肩甲骨

肩甲骨

〇日時 2月6日月曜日19:30~21:30(19:00から受付開始)

〇住所 〒700-0082
岡山市北区表町2丁目5−40 オランダビル2F 256号
〇アクセス 天満屋バスステーションより徒歩五分
〇講師  皆川将裕
〇受講料 4000円  
〇問い合わせ・申し込み先
電話 090-7591-5360
アドレス okayama_alexander@sky.megaegg.ne.jp
件名に「あらゆる動作をスムーズに、肩甲骨ストレッチ」とお書きください。

講師プロフィール
高校生の時にアレクサンダー・テクニークのレッスンを受け、猫背ぎみに縮まった身体が整えられ、スッキリした経験に感動し教師になることを決意。
高校を卒業すると同時に、アレクサンダー・テクニーク教師養成学校のアレクサンダー・アライアンスに入学。京都、大阪、岡山校にて学ぶ。
通常は4年で資格取得をするところ、教師になるためには、もっと多くの経験が必要であるという考えに至るとともに、学びの中に「社会経験」や「人格形成」「対応力」「対人力」など、人生に必要な要素の蓄積を感じ、「10年かけてじっくり勉強する」を目標に掲げ、30才で教師の資格を取得する。
10年の間に、新海みどり、片桐ユズル、石坪佐季子、ブルース・ファートマン、マーサファートマン、ロビン・アヴァロン、ピーター・グルンワルドに師事。
アレクサンダー・テクニークの知識を深めるほか、太極拳、ヨガ、ディジュリドゥ、クラリネット、ドラムなど。武術や体術、器楽演奏などを学び、身体の使い方に関連する知識を深め、「身体の使い方と脳の因果関係」を実体験を伴いながら、わかりやすく解説するアレクサンダー・テクニークの講座を開催。
近年は、人間が豊かな生活を送るには「目の健康」が大切な要素になっていると考え、国家資格である「視能訓練士」の取得を目指している。