次のステップ

二年前にアレクサンダー・テクニークの教師になるための学校を卒業して以来、ずっと岡山でこのテクニークを教えています。有り難いことに、今まで、たくさんの方がアレクサンダー・テクニークって何なんですか?と私の教室に来て質問をしてくれました。私はその質問に答え、アレクサンダー・テクニークを教えていきました。このテクニークを一言で説明すると「身体の不要な緊張を解きほぐすことにより、さまさまな問題の解決を目指す」ものです。

目に興味を持った理由

さまざまな「身体」が緊張するパターンを見てきた経験の中で私は、どうも身体が緊張する原因は「目」にあるのではないかと推測するようになってきました。「目」状態が身体の緊張の度合いに影響しているのではないか。つまりコイン表と裏のように、「目」と「身体」は密接に関わりあって、目が緊張すれば、身体が緊張し、反対に「身体」が緊張すれば「目」が緊張するのではないか。だとすれば、「どのような目の状態になったら、身体が楽になるのだろうか」と考えるようになってきました。

視能訓練士

この疑問の答えを探るために医学を学ぼうと思いました。色々と調べた結果、自分が望む勉強をするためにリハビリテーションの分野に進むことにしました。この分野にはそれぞれに得意分野が違う「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」「視能訓練士」と四つの専門家がいます。私はこのうちの「視能訓練士」になることを選択しました。この専門家の得意分野は「目と脳」です。病院での業務内容を調べてみると、患者さんの目の状態を検査したり、目の使い方の指導をすると、紹介されていました。私は探しているものが見つかって喜びました。

ただいま大学受験中

幸運なことに、岡山市内に視能訓練士を養成するコースがある「川崎医療福祉大学」がありました。その中の感覚矯正学科、視能矯正専攻に入り、国家資格である「視能訓練士」の資格を目指します。そんなわけで、私は今、受験生です。そして、愉快なことにアレクサンダー・テクニーク教師で視能訓練士の資格を持った人間は、まだ日本にいないみたいです。私は昔から前人未到という言葉が好きなんです。それを生まれて初めて体験することになりそうで、今、とてもワクワクしています。

川崎医療福祉大学

川崎医療福祉大学