[アレクサンダー・テクニークとは?シリーズ]

①自分の身体の使い方を学ぶこと。

希望や夢、人間の可能性を追及するためにアレクサンダー・テクニークはあります。

このテクニークの創始者はオーストラリア出身の俳優、フレデリック・マサイアス・アレクサンダーです。

彼は舞台の上で朗唱するときに、声がかすれてしまう問題に悩んでいました。 医者に相談しましたが声の状態は解決されませんでした。

そこで彼は自分でこの問題を解決すると決意し、鏡を使って、声を出すときに自分自身の身体に何が起こっているか観察をすることにしました。 そこで分かったことは、声を出そうとした瞬間に首を縮めていたことです。同時に頭が下に落ち、声帯を圧迫していました。これにより声がかすれてしまったのです。

彼は試行錯誤の末、声を出すときに首を縮めずに発声する方法を編み出しました。 この方法こそがアレクサンダー・テクニークの原型になったものです。

その方法を一言でいうと「自分がしている不必要な緊張に気付きそれをやめること」です。

アレクサンダー氏の場合は首の緊張をやめることでした。 緊張をしている身体の場所は各個人によって違います。

もしもその緊張を緩和することができたらどうなるでしょう。 もしかしたら、各個人の身体における不調に良い変化をもたらすことができるかもしれません。

例えば、「腰痛」「肩こり」「頭痛」「目の疲れ」「手の痺れ」「足の痺れ」「顔面の痺れ」「座骨神経痛」「慢性的な疲れ」「吐き気」「睡眠障害」「疲労感」「倦怠感」「消化不良」「便秘」「耳鳴り」「偏頭痛」「緊張性頭痛」「痔」「めまい」「首の痛み」「歯ぎしり」など各種の不調。

アレクサンダー・テクニークは治療ではなく、自分の新しい使い方です。

アレクサンダー氏

アレクサンダー氏